--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/07/08

なっちゃんの病気

朝から家の中に風も入って
心地よかったせいかお家でのんびりをしておりました
日中の最高気温24℃
ゆっくり寝の日曜日です

なっちゃんは1日中
風の通る気持ちの良い場所を選んで寝てます

ナナ

アンデイはお母さんがゴロゴロしながら
本を読んでる横で
一緒にごろごろしてます

アンデイ

完全に寝る体制に入ると
お母さんの寝る場所なんか
関係なしでノビノビ寝ます

アンデイ
今日は朝からゆっくり洗濯をしたり
いつも出来ない場所のお掃除をちょっとしては
ゴロゴロしたり
ワンズとゆっくりした日曜日をすごしました
たまには時間に関係なくゆっくり寝られる日も
大事ですよね


昨日なっちゃんの目の事を書いたのですが
なっちゃんの病気について退院してからも書いてなかったので
気になってる方もいると思います。

糖尿病性ケトアシドーシス
これが先日急に発症したなっちゃんの病気の名前です

糖尿病と付くので単なる「糖尿病になった犬」と
思われてしまうかもしれませんが
糖尿病には2種類あって
2型糖尿病が全体の98%をしめます。
ですから普通に糖尿病と思われるのは2型のほうで
なっちゃんが発症したのは1型糖尿病で
原因不明の自己免疫学的機序により
膵ランゲルハンス島のインスリン産生細胞(β細胞)が破壊される疾患であり、
これが何らかのきっかけで急激に生じることで前述のような機序により糖尿病を発症し、
ケトアシドーシスを引き起こす。
特に症状の出現が急激であるものは劇症型1型糖尿病として近年注目されているらしいです

なので美味しいものをたくさん食べたからとか
そういった理由ではないので
まだ5歳のなっちゃんが発症した事が
とっても大変でとっても重症化してしまったらしいのです
難しい名前がつく糖尿病ですが
治療は血中の血糖値が安定すれば
ほぼ元気な状態で長生きも出来るので
毎日2回のインシュリン注射が必要になりました
インシュリン注射
毎日12時間おきに打たなければならないので
食事の時間や
お散歩の時間など色々制限はあるのですが
何よりも筋肉注射をしなければならない事が
先月退院して帰って来てからの
母の一番のストレスでした

なっちゃんの場合
皮下注射だとうまくインシュリンをとりこめずに
筋肉注射で打たないとなりません。
やっぱりうまく針が入らないと
痛いので嫌がったりします

注射を打ち終わるまで15分~20分もかかって
本当にナナにも嫌われそうで
その上注射針を蹴られて
何度も自分に刺した事もありました

病院に電話して人間に刺しちゃった場合は
大丈夫かとか聞いて
インシュリンは体内に入ると
健康な人は低血糖になるので
アメかチョコを食べてくださいと言われて
ハラハラしたり・・・

悪戦苦闘の日々が続きました
ようやく注射の扱いにも慣れて
ナナもあまり痛がったりしなくなってくれたので
(ナナが我慢してるのかも
ちょっと注射を打つ時間も早くなってきました。

もっと簡単に出来るものだと思っていたけど
実際に自分でやるとなると
大変ですね

でもナナが生きててくれて
こうやってなっちゃんの世話が出来る事が
今は嬉しく思ってます

前よりなっちゃんにベタベタして
るのでなっちゃんはちょっと迷惑そうですが
もう少しナナと一緒にいられる時間が持てた事が
なによりの幸せです

色々病気についても
お勉強をする機会が持てて
良かったです

もう少し一緒に頑張ろうねなっちゃん
ナナ

お仕事を始めてから
悩みだったパンプスの足の痛みを
なんとか解消すべく
高級パンプスなんか気取って履いてる場合じゃないだろう~と

今回はじめてナースサンダルを買ってみました
ナースサンダル
あまりカウンターから出ることがないので
それほど影響もないだろうと
先週から活躍しております

あんなに辛かった足の痛みが
かなり和らぎました
長時間立ってるので
やっぱり足の痛みがあるのは
悲しいほどつらかったです

これでしばらく忙しい時期を
乗り切れそうです


いつも見てくださってありがとうございます


明日もあんこ村に
ささやかでも良いことがありますように~♪

にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ
にほんブログ


スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

ティアラmama さま

いらっしゃいませ(*^。^*)

我が家のワンコのお散歩ブログは
読み逃げ全然OKなので時々でも
お立ち寄り下さい(゚ー゚*)

ワンちゃんのインシュリン注射って意外と多いんだそうで
動物病院の先生もそんなに大変じゃないですよって言うのですが
我が家では慣れるまで、死闘・格闘の日々でしたo(;゚∇゚)ゞ
上手く打ってやれない自分が情けなくて
涙も出ましたね。・゜゜・(≧c≦)・゜゜・。
そうすると、なっちゃんが自分のせいだと思うのか
じーと我慢をするんです。
なんだか可愛そうでまた泣いてましたo(;゚∇゚)ゞ
4年間毎日されてた日々も
今はきっと懐かしく思い出されるのでしょうね。
我が家はまだ始まったばかりなので
生きて帰って来てくれたなっちゃんの介護を
頑張りたいと思います。

また色々教えていただけたら助かります(*^。^*)
よろしくお願いします。

aoi さま

いつも優しいコメントをありがとうございます(*^。^*)
まだまだ始まったばかりの介護ですが
なっちゃんはそれほど大変だとか
そういった感じではないようで
病院にも楽しそうに出かけてくれるので
助かります。
体調も改善されつつあるので
なっちゃんなりに
ムリなく闘病生活を楽しんで欲しいなと思ってます。
お散歩も好きなように動き回って遊んでますから
あまり苦痛な事もないのかもしれません。
でも毎日の注射や薬は可愛そうですけどねo(;゚∇゚)ゞ

初めまして

初めまして。ティアラママです。
いつも楽しくブログを読ませて貰ってます。

私もワンちゃんにインスリンを4年間打った経験があるので
コメントさせて頂きました(*^_^*)

治療開始にはよく自分に打ってしまい、注射を嫌がるワンちゃんと
私の格闘でした・・・
うまく打てない自分にイライラして泣いてしまった日も幾度か・・・

ある時、ご飯を食べる事に夢中なワンちゃんに打ってみたところ
注射がばれませんでした(*^_^*)

なっちゃんにこの方法が合うかどうか分かりませんが・・・

きっと、なっちゃんママの思いを感じて毎日を幸せに過ごしていると思いますよ(*^_^*)

頑張って下さいね(*^_^*)


No title

こんにちわ!
felix様 なっちゃんの病気というタイトルにドキッとしましたが、Ⅰ型は人間でも最近では増加傾向ということで情報も増えてますよね。
blog上ではありますが協力できることがあればと思ってます。
日々の療養生活にお母さんの葛藤やストレスも心配ですが、なっちゃん地方の癒し画像も楽しみにしてますので無理のないところでよろしくお願いします。
我が家のアイリッシュ・SはGDVで病気の発症からわずか数日の闘病ですが、愛犬の穏やかな老後の介護を覚悟(穏やかでは決してないだろうと。)してた夫婦としては裏腹な結果に突然の喪失感で未だ対応できない気持ちがあります。比べる事ではないですが、壮年期の進行性の病気に壮絶な闘病生活もありますので、たどる経過は大きく違いますが、愛犬に尽くすことができた想いがあれば自己満足でも多少救われるのかなと思っています。
人間の感受性もそれぞれですよね。

文法に自信がないけどつい長コメ。ごめんなさい。伝わればいいなとおもってます。

pagetop
♪あんこ村の登場人物♪

felix

日記を書いてる人☆felix
☆ナナ☆
2006.07.27生まれの
♀のアイリッシュセッター
ちょっと気難しいところがある
お姉さんです。
お母さんの行動は
ほとんど把握済み。
音だけで行動を見越して
そそくさ準備を始めます。
争い事を好まず、
何事も我カンゼずタイプです。
2012.06 Ⅰ型糖尿病を発症
ケトアシドーシス(劇症型)発症で長期入院後、
1週間で失明。
現在、元気に闘病中です。

☆アンデイ☆
2008.01.15生まれの
♂のアイリッシュセッター
お気楽な甘ったれ坊主ですが
聞き分けは良い男の子です。
あまりの骨太ゆえに
華奢なイメージの
アイリッシュセッターに
見えない事もあります。

同じブリーダーさんから飛行機で
やって来た仲良し姉弟です。
お友達になってくださるワン友さん
全国的に募集中です~♪

★お気楽主婦★
10数年前に東京から転勤で
北海道に上陸、
数年道内と関東の移動を繰り返すが
すっかり北海道生活が気に入って
現在も滞在中(夫は単身赴任中)

現在のおともは 
ナナ(9歳♀)&アンデイ(8歳♂)+ 村長(シェリー(9歳♀)

CalendArchive
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム
あんこ村に届きます~♪




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。